Oct 11, 2013

"EB-5 Regional Centers"



(VOA program:アメリカビザを取得するための外国人投資事業)

次にあげる4つの事の共通点は何だと思いますか?

「ワシントン州における風車の提案」「アイダホ州の金鉱山」「ラスベガスの新

しいカジノ」「バーモント州のスキーリゾートの拡大」

それらはすべて、アメリカ合衆国に住もうとするためにグリーンカードを求めて

いる裕福な外国人のための投資事業です。アメリカの法律の下、外国人がアメリ

カに少なくとも10の仕事を生み出すために少なくとも50万ドル投資すれば、

外国人はそのような永住できるビザを取得できます。

そのプログラムがどのように運用されているか紹介します。

数年前、カナダに住んでいたジョルダン・ギャグナーと彼の妻は、アリゾナのよ

うな乾いた気候の土地に移動することを必要としていました。最初、ビザを取得

することは不可能に思われました。しかし、その後、彼は移民投資者ビザを知り

ました。ジョルダン・ギャグナーと数人の外国人投資家たちはそれぞれ、ワシン

トン州べリングハイムに居住センターを作るため、50万ドルを投資しました。

ギャグナーさんは、短期間で多くの仕事を作ると信用を得て、彼の家族全員グリ

ーンカードを取得できました。

投資家や貸付者を集める会社は、公的には、「EB-5地域センター」と知られてい

ます。その名前は、移民投資家ビザを規定しているの移民法の一部に由来してい

ます。

一部のアメリカ人は、そのプログラムに懸念を表明しています。土地所有者であ

るハーランド・ラドモスキーさんは、裕福な韓国人が彼の土地の隣の風車に投資

するため、招待されたときに、そのプラグラムの事を初めて知りました。彼は、

風車が彼の牧場の価値を下げるのではないかと心配しています。移民について、

論争があるにもかかわらず、外国人投資家のプログラムは、議会で多くの支持を

集めています。また、そのプログラムを恒久的なものにする動きもあります。




I have learned about "EB-5 regional centers" in the USA on the VOA's program today. If I win 100,000, 000 yen in the public lottery, I would invest it.

No comments: